診療科目

一般歯科

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
  • 予防歯科
  • マタニティ歯科
  • ホワイトニング

一般歯科では、虫歯や歯周病の治療、知覚過敏など口腔内の異常を診療いたします。

天然の歯を活かし快適な生活を送って頂けるように、様々な知識、技術、方法をもって治療にあたります。 虫歯や歯周病になってしまった歯は自然に治ることはないので、早期発見・早期治療が肝心です。
個々人に最適な治療プランを相談させて頂きます。

虫歯

虫歯イラスト0

虫歯は、口の中にいるむし歯菌(ミュータンス菌)が糖から酸を産生して、その菌によって歯を溶かしていきます。

虫歯は初期には自覚しにくい病気であり、「痛い、しみる」といった症状が出た時には、すでに神経の所まで進行している可能性があります。 虫歯は自然治癒することはないため、放っておくと歯がズキズキ痛みだして、最終的には抜歯せざるを得ない状態になってしまします。

早期発見・早期治療が重要です。痛くなくても定期的に検診を行うことで虫歯が進行する前に治療しましょう。 また初期の段階であるほど簡単に治療を終えることができます。

虫歯の進行と治療について
C0 ごく初期の虫歯
虫歯イラスト1
【状態】
歯の表層のエナメル質が白く濁ってきているが、まだ穴が開いていない状態。
【治療】
適切なブラッシングやフッ素塗布により再石灰化を促します。
C1 エナメル質の虫歯
虫歯イラスト2
【状態】
初期虫歯の段階です。歯の表面のエナメル質にだけ穴が空いたもので痛みはありません。
【治療】
虫歯の部分を削り取り、白い樹脂を詰めます。場合によっては経過観察とすることもあります。
C2 象牙質の虫歯
虫歯イラスト3
【状態】
エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。
冷たいものや甘いものがしみるようになります。
【治療】
削って型をとり詰め物(インレー)などで修復します。
C3 神経まで達した虫歯
虫歯イラスト4
【状態】
虫歯が神経に達し歯髄炎を起こした状態。 熱いものがしみるようになり、ズキズキとしと激しく痛むようになります。
【治療】
神経を取り除き、神経が入っていた管を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、多くの場合かぶせもの(クラウン)で修復します。
C4 歯根まで達した虫歯
虫歯イラスト5
【状態】
神経が死んでしまった状態で、歯のほとんどの部分が虫歯になった状態。 痛みは軽減しますが、根の先に膿がたまると再び痛みが出ます。
【治療】
根管治療をしても治癒が見込めない場合は抜歯となります。抜歯後は入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで失った歯の機能を回復を図ります。

歯周病

成人の8割以上が歯周病にかかっていると言われています。日本人が歯を失う原因の1位は、虫歯ではなく歯周病です。

初期から中期の段階では、ほとんど自覚症状がなく、重度になり症状が出てから初めて受診したとしても、 すでに手遅れで抜歯となってしまうことが少なくありません。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)という細菌の凝集物です。
プラークが歯周ポケット(歯と歯茎の境目)に付着し定着し続けてしまうと、歯肉が炎症を起こし腫れや出血が生じます。 そして、ついには歯を支えている骨が溶け始め、次第に歯がグラグラしてきて最終的には歯が抜け落ちてしまします。

処置としては、レントゲンや専用の器具にて歯周病の状態を調べます。そして状況に合わせて、プラーク、歯石、膿、感染した組織の除去を行います。
また局所的には再生療法で骨ができることもありますが、基本的には感染物質の除去を行い予防と早期発見・早期治療が最も効果的な手段です。

歯ぐきがしみる、血が出るなどの症状がなくても、定期的に検診・メンテナンスを受けて頂くことをお勧めいたします。
早めに処置を行うことで進行を食い止めることができます。

歯周病の進行段階
健康
歯周病イラスト1
健康で歯茎が引き締まっている状態
軽度歯周病
歯周病イラスト2
歯を支える骨が溶け始めた状態。
歯茎が赤く腫れ上がりブラッシングや硬いものを食べると出血することがあります。
中等度歯周病
歯周病イラスト3
歯を支える骨が半分ぐらい溶けた状態。
歯を指で押すとグラつきます。
歯石が歯周ポケット深くにまで付着します。
ここまで来ても、何の自覚症状も訴えない人がほとんどです。
重度歯周病
歯周病イラスト4
歯を支える骨が3分の2以上溶けた状態。
歯のグラつきもひどくなります。
歯ぐきが下がり歯根が露出し、膿がでて口臭がよりきつくなったりします。ここでやっと歯ぐきがおかしいと感じる人が多いです。
この時点まで悪化してしまうと歯を抜く可能性があります

覚えておいてもらいたいこと
1.歯周病は細菌が原因で、歯の周りの骨を溶かす病気です。
2.進行しても、自覚症状が少ないのが特徴です。
3.歯周病菌は、完全になくすことができるものではありません。
4.定期メンテナンスをしなければ、感染力が抵抗力を上回り、再び悪くなります。
5.慢性疾患で完全に治すことは難しいが、コントロールすることはできます。

診療時間

ご予約・お問い合わせ

アクセス

〒532-0006
大阪市淀川区西三国 3-4-7
阪急三国駅前ビル1階