診療科目

マタニティ歯科

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
  • 予防歯科
  • マタニティ歯科
  • ホワイトニング
マタニティ歯科イラスト01

マタニティ歯科とは妊婦さんを対象としており、妊婦さんと歯科は密接に関係しています。
母子手帳にも「妊娠中と産後の歯の状態」のページがありマタニティ歯科の重要性は広く認知されていっています。

つわりがあったり、おなかが大きくなって体力的に負担のかかる妊娠期にですが、 ホルモンバランスの変化や環境の変化などによりお口の中のトラブルが発生しやすいのも妊娠期の特徴となっています。

当院ではマタニティ歯科にて妊婦さんを対象とした治療や予防を行っております。
妊娠期にお口の健康整えることは産まれてくる赤ちゃんの健康にも大きくかかわってきます。

妊娠性歯肉炎

妊娠期はホルモンバランスの変化、つわりや体調により不規則な生活になってしまうことや、 えづいてしまいブラッシングが疎かになってしまうことにより、お口の中の歯周病菌が活発になりやすいです。
妊娠性歯周炎にかかっている人はかかっていない人に比べて早産や低体重児出産の可能性が約7倍になるという報告があります。
妊娠期にもしっかりとお口の中のケアを行いましょう。

マイナス1歳からの虫歯予防

おなかの中の赤ちゃんを「マイナス1歳」とすると、この時期から実はむし歯予防が大切なのです。
元々、赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。お母さんをはじめ周りの大人の口から感染します。
大人と赤ちゃんの接触を完全に防ぐことはできませんので感染自体は防ぎようがありません。
しかし、お母さんや周りの大人のむし歯菌をできるだけ減らしておけば、お子様の感染リスクを減らすことができるのです。
妊娠期のむし歯予防は自分自身と産まれてくる赤ちゃんの2人分の効果がある、とても大切な時期だと知っておいて下さい。

診療時間

ご予約・お問い合わせ

アクセス

〒532-0006
大阪市淀川区西三国 3-4-7
阪急三国駅前ビル1階