診療科目

ホワイトニング

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
  • 予防歯科
  • マタニティ歯科
  • ホワイトニング

歯を白くしたい。ホワイトニングは歯を削ることなく薬剤によって歯を白くする方法です。

歯が変色する原因はたばこ、コーヒー、茶しぶなどにより年々着色していきます。
私たち日本人は黄色人種で、欧米の人種よりも元来歯が黄色く見えます。 また、年齢を重ねるごとに表面のエナメル質が削れ、 もともと黄色味がかっている内側の象牙質が透けて見えることで歯が黄色く見えてくることもあります。

ブラシや器具でのクリーニングで表面の着色を取るだけでもかなりきれいにすることはできるのですが、 内部まで沈着した色素までは落とすことができません。
そこで、ホワイトニングにより内部に浸透した沈着を薬剤で分解し、 本来の色以上に白く明るい魅力的なお口元にすることができます。

歯の色でお悩みの方は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。

ホワイトニング術式

当院では厚生労働省の認可を受けた日本人の歯質に合ったホワイトニング剤を使用しておりますのでご安心してお使い頂けます。

ホームホワイトニング
ホームホワイトニング商品画像

ご自宅にて、オーダーメイドのマウスピースに薬剤を入れて、1日2時間ほど使用することで歯を白くします。
ホワイトニング効果が現れるまでに日数を要しますが、ご自宅で行え、また色の後戻りが少ないのといったメリットがあります。


ホームホワイトニング1
型を取りトレーを作成します

ホームホワイトニング2
ご自宅でトレーにジェルを塗布し装着します

ホームホワイトニング3
1日2時間で最長2週間ご使用頂きます

オフィスホワイトニング

歯科医院にて、歯の表面に薬剤を塗布し、そこに特殊な光を当てて歯を白くします。
効果が出るのが早く、1回の処置でもある程度目に見える変化を得ることができます。
通常は数回行うかホームホワイトニングと組み合わせて行います。


オフィスホワイトニング1
歯肉の保護の材料を置きます

オフィスホワイトニング2
ホワイトニング剤の塗布を行います

オフィスホワイトニング3
光を照射にて薬剤の効果を発揮させます

ホワイトニングメニュー

ホワイトニングを受ける前に

妊娠中、授乳中の方はホワイトニングをお控えください。
虫歯や歯周病などがある場合は先にそちらの治療を済ませる必要がある場合があります。
人工物は白くなりません。歯が白くなり、人工物の色が気になる場合はやり換える必要があります。

術後の注意事項

術後、しみることがあります。異状なものではなく一時的なものではありますが、長引くようでしたらご相談ください。
ホワイトニング後24時間は歯が再着色しやすいので、色素の強い飲食物、酸性の飲食物、喫煙はお控え頂きますようお願い致します。
ホワイトニングで歯を白くしても、変色の原因及び生活習慣にもよりますが、再着色は起こります。 白い歯を保つためには定期的なメンテナンスをお勧めします。
また、1年に一度程度、再度ホワイトニングすること(タッチアップ)を推奨しております。

診療時間

ご予約・お問い合わせ

アクセス

〒532-0006
大阪市淀川区西三国 3-4-7
阪急三国駅前ビル1階